常にキレイな歯状態を保つことでトラブルを防ぐことができる

原因を知って解決

dental

知覚過敏が起きる原因

歯科医院では、知覚過敏で悩まれる患者さんが多く相談に訪れています。この知覚過敏というのは、冷たいもの、熱いものを摂取すると歯の神経が過敏に反応する症状です。知覚過敏は、何らかの原因で歯茎が下がってしまい、歯の根にあたる象牙質が露出してしまいます。この象牙質には、たくさんの細い神経が通っています。熱いものや冷たいものを摂取すると、その部分に刺激を与えることで痛みを感じます。 知覚過敏になる原因で一番多いのが、歯周病です。歯周病になると、歯茎が炎症を起こし象牙質が大きく出てしまうからです。よって、知覚過敏が出やすくなります。その他にも、歯ぎしりによって歯の根元に力が加わることも一因と考えられています。

歯科医院で行われる治療方法

歯科医院では、知覚過敏に対して色々な治療を行っています。その1つが、歯をコーティング剤で保護するという治療です。歯の根元の部分にコーティング剤を塗ることで、食事などの刺激が加わるのを防ぐことができます。よって、知覚過敏の症状を軽減できます。 また、その他にも歯科医院では、マウスピースで保護する治療も行っています。特にこの治療方法は、歯ぎしりが原因で知覚過敏になった人に有効です。マウスピースを装着することで、歯ぎしりによる歯や根元の削れをこれ以上悪化しないようにできます。 その他にも、歯科医院では歯に被せ物をする治療も行います。この方法は、歯にヒビが大きく入っている場合に有効です。これ以上、広がらないように被せ物で抑え込めます。